スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * Edit * top▲
『女王の百年密室』 森 博嗣 
2006 / 04 / 18 ( Tue )  00:26
読み途中だった本が読み終わりましたので、今日はその感想を♪

『女王の百年密室』 森 博嗣・著
(幻冬舎文庫)

<冒頭あらすじ>
2113年の世界。
小型飛行機で見知らぬ土地に不時着したミチルと、同行していたロイディは、森の中で孤絶した城砦都市に辿り着く。それは女王デボウ・スホに統治された、楽園のような小世界だった。しかし、祝祭の夜に起きた殺人事件をきっかけに、完璧なはずの都市に隠された秘密とミチルの過去は呼応しあい、やがて―

感想は↓から☆


さて、森博嗣です!久しぶりでした。前に読んだのはVシリーズだったかな?どちらかというとS&Mシリーズの方が好みだったりするんですが・・・♪
それはとりあえず置いておいて!(笑)『女王の百年密室』です。
はっきり言いまして、おもしろかったです!いえ、今まで森博嗣を読んで、面白くなかったためしがないんですけれども。

実は買ってからしばらく、本棚の肥やしになっておりました・・・;理由は他に読んでいたから、なんですが、もう一つ。
私は大体にして、森博嗣のかけるフィルタ(フィルターではなく・笑)に引っかかってしまうんです。特に各シリーズの一作目。
ちょっと意味分かんないですよね;私の感じ方なので(汗)
なんというか、本の冒頭部分でいつも、読み手を試してる感じがするんです。もちろん良い意味で。
初めの数ページで「さあ、君にこの意味が分かるか?ついてこれる頭があるか?」と聞かれてる、ような。だから気合と集中がいる。
ごめんなさい;;完璧に妄想です・・・。初めに手にとったのは、もちろん『すべてがFになる』。読んだ時は、数ページでチンプンカンプン!断念してしまいました。有名な理数ミステリですから、完全に文系の私は太刀打ちできなかったんですね・・・。
でも二度目、断念した数ページを頑張って読んでいくと、すごい引力!ぐいぐい読んでいけます。
もう目から鱗!!自分の頭が良くなった錯覚を覚えたりして(笑)それから、かなり読み漁ってしまいました。

今回もそんな感じ。舞台は未来の設定。広い意味でSFです。まず世界がどうなっているのか?それが分からないと入っていけない。
でも一度把握できると、かなり浸っていけると思います。ファンタジックで理数がダメ!っていう人も大丈夫です。
生きてるとは?死とは?重いテーマですが、読了感は爽やか。あ、でも犯人を推理!というのには向きませんので、お気を付けて。
主人公のミチルってどんな人か、考えて読んでみると面白いかも!
気になった方はぜひ♪

たしかニ作目がありましたよね。早速探しに行かなくては!!
* テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 *
読了日記  * Com(0) *  Tb(0) * Edit * top▲
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
【ご訪問ありがとうございます。今日が良い日でありますように☆】

ひろみ(ソノエ)
30代はいっちゃった
本&ゲーム好き新米主婦。
好きな作家は、小野不由美・荻原規子・北村薫・京極夏彦・乙一・森博嗣・近藤史恵など。
ゲームはRPG全般。MMO、DS大好きです♪
気軽にコメントしていただけると嬉しいです(〃'(ェ)'〃)

にゃんこと一緒♪(←リネ2用ブログ)

ツイッター
始めてみました☆

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリー
最近の記事+コメント
コメントありがとうございます☆
最近のトラックバック
リラックマ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
BOOKLOG

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Link

にゃん

マウスで遊んであげてください♪
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。