スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Com(-) * Tb(-) * Edit * top▲
『邪魅の雫』 京極夏彦 
2007 / 02 / 01 ( Thu )  21:56
という訳で、邪魅を読み終えました☆
読書してる時間は至福の時です~v
寝る前にちょっと読もうと思ったら没頭してしまって読み終わったのは朝の5時でしたww
なんで途中で放置していたのか自分がフシギ。
邪魅の雫 邪魅の雫
京極 夏彦 (2006/09/27)
講談社

この商品の詳細を見る

(裏表紙解説)
「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」「死んだのか」「──自首してください」「死ねばお終いなのだ」
「ひとごろしは報いを受けねばならない」
昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と。
警察も手を拱く中、ついにあの男が登場する! 
「邪なことをすると──死ぬよ」


感想は↓のオープンをクリック☆
やっぱり京極作品は読んだあとに達成感がありますね。
なんせ分厚いからw
今回もレンガ本の異名に恥じぬ厚さです。約800ページですから。
コレを本屋のレジに持っていったらパートのおばさんがきょとん、と見とれてたのが印象に残ってます。
インパクトあるしな~。
今回は京極の憑き物落とし!!というよりは、探偵・榎木津礼二郎の意外なお姿を拝見!って感じでしたね。
これ、榎さんファンはどう受け止めたんでしょう?
事件についての書評とかよりそっちの方が気になるわw
ちなみに私の名前は宏美です。なんかちょっと嬉しかったり(照)

さて内容ですが。
今回は今までの京極シリーズの中で一番普通のミステリっぽかったように思います。本格ではないですけどね。
場所を変え何軒も殺人事件が起こります。
共通点は「毒殺」である事。
名前や過去の事情が錯綜して読んでるうちにかなり混乱しました。
まさしくこの事件を担当している刑事たちのごとくw
最後でちょこっと出てきた京極堂が綺麗に整理してくれたのでやっと時間列での流れが分かりました☆
この混沌とした感じも京極作品独特かもしれませんね。いつもながら精神世界はかな~り掘り下げてます。

ただ、愚鈍とか馬鹿とか頭が悪いとか。
読んでいてなんだかちょっとツラかった。。。
大鷹さんだって好き好んであんな人じゃないのにねえ。。。。
私は情けない系の人が結構好きらしいのですよ。ほっとけなくて。
関口くんファンだしね☆
珍しいんだろうな~。だって周りにはイイ男だらけですからね、京極作品は。
鳥口君ももう脇役なのかなあ。
ほぼ同列ポジションの益田君と青木君はかなり活躍してたじゃないですか。鳥ちゃんにもぜひ活躍の場をっ!!

話が脱線しちゃいましたw
総じてやっぱり良く出来ていて面白かったですね。
うんちくも少なくて読み安かったです。それがイイかどうかはちょっと微妙ですが☆
次回作も楽しみですね!いつになるのか分からないんですけども。
題名は『鵺の碑』。ふむ。民俗学のかほりがしますね♪

(ところで本の奥付の前のページの「ローゼンクロイツ」ってかいてあるらしい紋章はなんなんですかね??)
* テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 *
読了日記  * Com(0) *  Tb(0) * Edit * top▲
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
【ご訪問ありがとうございます。今日が良い日でありますように☆】

ひろみ(ソノエ)
30代はいっちゃった
本&ゲーム好き新米主婦。
好きな作家は、小野不由美・荻原規子・北村薫・京極夏彦・乙一・森博嗣・近藤史恵など。
ゲームはRPG全般。MMO、DS大好きです♪
気軽にコメントしていただけると嬉しいです(〃'(ェ)'〃)

にゃんこと一緒♪(←リネ2用ブログ)

ツイッター
始めてみました☆

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリー
最近の記事+コメント
コメントありがとうございます☆
最近のトラックバック
リラックマ
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
BOOKLOG

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Link

にゃん

マウスで遊んであげてください♪
全記事(数)表示
全タイトルを表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。